数年前から、ビル・マンションの建築が多く見られますよね。我社も建設を検討中の方からいろいろな質問をされることがよくあります。質問の内容は以下の通りです。
一、賃料はどのくらいとれるか?
一、どんな業種が借りていただけるか?
一、最近の借り手の需要はどうか?
などなど・・・。ファンドを手掛ける会社は、土地購入時の金額もあってか『○○○円の賃料で募集をかけないと事業計画に乗らない』と言われます。しかし、そんなに現実はあまくない。立地が特に良く、他のビルと何か違った特徴があるのなら需要はあるが、そうでないのなら名古屋の市場では限りがあるので無理!もっと危険な建築計画は、設計会社やゼネコン(建設会社)の出す賃料設定や収支計算(全てがでは無いですが)。仕事を取りたいという気持ちは分かるが、賃料設定に無理があり過ぎ!!そのようなゼネコンに依頼をしてしまったら20年前のバブル時同様、建築計画中は夢が膨らむが、竣工してからが大変。建築の借入金が支払えるぐらいの預金があれば別ですが、そうでなければ気がついた時には土地ごと取られ、残るのは借金だけなんてことになるでしょう。
まだまだ建設費は上がっていくと言われていますが、もし建築計画をしているのであれば本当の現在の借り手市場はどうなのか?また立地的に借り手はいるのか?をよーく本音を教えてくれる専門家に意見を聞くべきでしょうね!
では、何処で聞けばいいか?
そうです、ビルプランナーに聞いてください。我社のような会社は最前線で戦っていますから市場の動きが一番よく分かるのです。
《なんだぁ、自社の宣伝かぁ!》なんて思われた方、そんな人には一切本音を教えませんからっ!

continue reading.....