今日は朝一番の朝礼からみんなに怒りをぶつけた。
理由は昨日、同業の友人との会話からだ。
その会話の内容は、同業の友人が独立するにあたり、ある営業マンが新会社に1人付いてくるという。その営業マンの仕事内容(進め方・売上)を聞いてみたら、
友人・・・「会社からは一切、お客様は渡さないで自分でお客様を探して契約を取っている。で、毎月個人で300万円ぐらいの売上をあげている」
という。
私・・・「はっ!本当!?すごいですね」
名古屋の市場で毎月コンスタントに300万円を売り上げるのはスパー営業マン。それを聞いて同時に怒りが込み上げてきた。我社では、事務のサポートもしっかりしていて、物件の情報もほぼ完璧、でもってお客様も1人あたり毎月15~20件近く配布されている。にも関らず、誰一人その営業マンにとどいていない。
我社は今期が8年目。期が増すごとに人件費・販管費が増えているにも関らず、1人あたりの売上が伸びていない。日報を見ても無駄な動きが多く、だらだらと時間をかけなくてもいい所に時間をかけて『あ~今日もがんばって仕事をした』なんて顔をしている人もいる。
《ばかやろー》って気分です。
毎月、100万~150万円前後の売上を上げれば月末会議であまり叱られず、200万円を超えればもう満足なんて自分自身で納得しているんでしょう。
今、ここで気持ちを入れ替えて目の前のハードルを越えていかなければ、会社もその本人も将来は無いような気がします。
会社が減益になった時、だれが一番初めに切られるのか・・・。もっと危機感をもって仕事をしなければいけないと思います。9時~18時までの営業時間を大切に使い、誰にも負けないスタイル(仕事のやり方)を再度見つめ直す時期ではないでしょうか・・・。

continue reading.....