まず会社立上げの為に必要なのは事務所。
条件としては、
①駅から近いこと。
②広くて賃料が安いこと(古さは拘らない)。
③車が停めやすいこと(近くにコインパークが多い)。
④東西南北どこにでもアクセスのよい場所。
こんな条件の中から中区丸の内2丁目にある丹下ビルに決定しました。
坪数は15坪、家賃10万円(共益費込み)。
机や応接などの備品は全て中古の頂き物。
特に私の机は丹下ビルのオーナーが使っていた木製の社長机。
文房具は頂いた物やお客様の移転時に処分する物を貰ってきて使っていました。
周りの皆様のお蔭で事務所開設にほとんどお金を使わずに済みました。
今でも強く記憶にあるのはパーテーション(間仕切り)の費用があまりにも高いので、
松坂屋にテーブルクロスを買いに行ってそれを天井から垂らして
間仕切り代わりに使っていたことです。
パソコンも2台。
応接も2箇所。
あまり余裕のない事務所スペースでしたが、
開業挨拶と同時にお花屋さんができるぐらいの花や観葉植物が届きました。
これを見たときに、これだけ応援してくれる人達がいるから
《がんばれる》、《絶対に成功する!》というものが見えました。
まずは、みんなで手分けしてオーナー(貸主)に挨拶回り(自身では4度目)。 
そして、集客の仕掛けにタウンページへの掲載
(当時は冊子やタウンパージからの集客がほとんどで
インターネットでの集客はそれほどありませんでした)と
チラシや小冊子の配布。
開業と同時に集客と売上げがあがり、
念願の事務員さん募集!お蔭様でいい子が来てくれました。
事務員さんが入社してくれると自然と会社の中も明るくなってきますね!
(特に明るく感じのいい子を採用しました)
とにかく基礎硬めに2年間、仲介営業に没頭する!
皆が一丸となって仕事に専念しました。
そしてその2年が経ちました。
続きはPart7で・・・

continue reading.....