今日の朝礼での社員の発言『来年の9月でポケットベル(ポケベル)が廃止されます』
この言葉を聞いて30年前にポケベル使っていたなーなんて思い出しました。

年々スピードが増していく現代社会。
人間は何を求めてこのスピード社会を築いていっているのだろうか?
全てにスピード(短縮)が必要なのか?
スピードが速まる中、利便性は増えても失ってしまっていく何かもある。
例えば
今は誰もが持つスマートホン(携帯電話)。
即、相手に連絡とったりできるのは便利だがそこで失われてしまったのが責任だと感じます。
今はどこかで待ち合わせをして遅刻しそうな時はスマホで連絡を取り
『〇〇分遅れます!』とか『遅刻するから先に行って!』など簡単に済ませてしまいますよね!
この簡単に済ませてしまうことに大きな落し物があると思うのです。
思い出してください。まだ携帯電話が高く皆が持てない時代は、
どこかで待ち合わせをした時に遅刻することができない。
だから絶対に遅刻しないように早めに待ち合わせ場所に行く。
今は簡単に連絡ができるからいーじゃん!と思う方、それが私は責任感という大事なことが
失われていっているということに大きく繋がっていると思うのです。 

相手に心配させない、迷惑を掛けない、約束通り行く。

スマホがあっても、いつも約束通り遅刻しない人もいます。
責任感の強い人でしょうね!
こういう人は人間関係を築き上げるのが得意で、相手に安心感を与えれる人だと思います。
仕事のできる人のほとんどがこれに当てはまると思います。
責任感→安心感→信頼性→存在価値
これがデキル人の共通点です!

最後まで読んでいただけましたか?
スピードの時代、何かを落としてしまっていないですか?
たまには 立ち止まって昔を振り返るのも大切ですよ!